LegalOn Now

株式会社LegalOn Technologies(https://legalontec…

LegalOn Now

株式会社LegalOn Technologies(https://legalontech.jp/)が運営するオープン社内報です。人や制度、取り組みなどをご紹介します。当社はAI契約審査プラットフォーム「LegalForce」などを開発・提供するリーガルテック企業です。

マガジン

  • Engineer_LegalOn Technologies

    • 39本

    LegalOn Technologiesで働くエンジニアに関するあれこれを投稿します。

  • Culture

    LegalOn Technologiesの人・文化をご紹介するマガジンです。

  • Business

    • 29本

    LegalOn Technologiesの営業・マーケティング・コーポレートの人たちをご紹介するマガジンです。

  • Designer_LegalOn Technologies

    • 31本

    リーガルテックのスタートアップ、株式会社LegalOn Technologiesのデザイナーがあれこれ書きます。

  • Legal Professional

    • 19本

    LegalOn Technologiesの弁護士・法務経験者・法科大学院卒のメンバーをご紹介します。

リンク

最近の記事

約3,000名ものエンジニアが集うDevelopers Summit 2024 登壇までの道のり

こんにちは、LegalOn Technologies広報担当の阿部です! 2024年2月15日から16日にかけてベルサール羽田空港で開催された"Developers Summit 2024"(以下、デブサミ)に、ソフトウェアエンジニアの渡辺 凌央(わたなべ りょう)が登壇。 「生成AIを搭載したプロダクト開発~少人数で爆速リリースしてわかったこと~」というテーマで発表しました。 本記事では、約3,000名ものエンジニアが集まるデブサミに登壇するまでの経緯と振り返りを、講演まで

    • 株式会社ラクス、Chatwork株式会社とPdM Meetupをしました!

      こんにちは。LegalOn Technologies でPdM(Product Manager)をしている、泉です。 先日、株式会社ラクス、Chatwork株式会社と3社合同でウェビナー『PdM Meetup』を実施しました。 BtoB SaaS企業のPdM同士、プロダクトマネジメントについてディスカッションした当日を振り返っております。 プロダクトマネジメント、PdMに興味のある方にぜひ読んでいただければと思います。 これまで抱いていた課題認識最近はPdMの認知も少し高ま

      • BtoB広報ならではの難しさと面白さ。スタートアップで広報マネージャー&ワーママに聞いてみた。

        いつもLegalOn Nowを読んでくださっている皆様、こんにちは! LegalOn Technologiesの広報担当 阿部です。 今回は、当社の広報責任者である大原に「BtoB広報ならではの難しさと面白さ」というテーマでこれまでの思いを含めてインタビューしてみました! BtoB広報に興味をお持ちの方にLegalOnを知っていただき、興味を持っていただけたら嬉しいです。 ── まずは大原さんのこれまでを教えてください。私は新卒で大手人材系企業に入社し、求人広告営業を5年半

      • デザイン組織で社内カンファレンスを開催しました

        こんにちは。LegalOn Technologies でプロダクトデザイナーをしています、すずきちえ です。 2023年度から半期に1回、当社ではデザイン組織の全メンバーが集まり、希望者数名が持ち時間20分程度の発表を行う、社内カンファレンスを開催しています。 今回は2024年1月に開催した、第2回目のカンファレンスの様子をご紹介します。 カンファレンス開催の目的LegalOn Technologies のデザイン組織は、自身が担当する領域により、大きく3つのチームに分かれ

      約3,000名ものエンジニアが集うDevelopers Summit 2024 登壇までの道のり

      マガジン

      マガジンをすべて見る すべて見る
      • Engineer_LegalOn Technologies
        LegalOn Now 他
      • Culture
        LegalOn Now
      • Business
        LegalOn Now 他
      • Designer_LegalOn Technologies
        LegalOn Now 他
      • Legal Professional
        LegalOn Now 他

      記事

      記事をすべて見る すべて見る

        検索技術勉強会~2023 Winter~ イベントレポート

        こんにちは! LegalOn Technologies採用の松本です。 去る2023年12月20日、社外の検索エンジニアを招いたイベント『検索技術勉強会 ~ Search Engineering Tech Talk ~ 2023 Winter』を豊洲オフィスで開催しました! 技術発表、懇親会と大いに盛り上がったイベント当日の様子をお届けしますので、ぜひご覧ください! 検索技術勉強会とは?2019年の初回から始まり、コロナの影響による休眠期間を経て、今回で約4年ぶり5回目の開

        検索技術勉強会~2023 Winter~ イベントレポート

        360度フィードバックを哲学思考で振り返る大手IT企業も実践する「哲学対話」

        LegalOn Technologiesでは、周囲のメンバーから多角的にフィードバックを集める「360度フィードバック」を実施しています。 今回、その360度フィードバックからより深い気づきを得るため、哲学思考を取り入れる試みを行いました。 変化の激しいスタートアップ環境においてこそ、時には自分自身の考えや行動を見つめ直し振り返る機会が必要となるからです。 そうして実施されたのが、「哲学対話」ワークショップです。 東京大学の専門家、堀越さんを招いて行われました。 一体どのよ

        360度フィードバックを哲学思考で振り返る大手IT企業も実践する「哲学対話」

        高度な知識と緻密さが求められる契約書ひな形はいかにして作られているか?

        「LegalForceひな形」1,000点突破を記念し、「ひな形とは?」を解説した記事から2か月。 早くも点数が1,400点を超えました! 法務プロフェッショナルの高度な知識の結晶であるひな形は、いかにして作られているのか? 社外法律事務所も巻き込みながら驚異的なスピードで作成を重ねる舞台裏を、われらがひな形グループの弁護士らメンバーに聞いてみました。 契約書ひな形作りは辞書編纂のような正確さが求められる― 前回のインタビューでは、グループリーダーの今野さんに契約書ひな形の

        高度な知識と緻密さが求められる契約書ひな形はいかにして作られているか?

      • #03 デザイナーがクライアントとしてデザインを依頼

        みなさん、こんにちは。 株式会社LegalOn Technologiesでコーポレートブランディングを担当している前川と申します。 前回は、入社早々ロゴをリニューアルすることになり、なんとかメンバーと一緒に完成に漕ぎ着けたところまでお伝えしました。今回は、その後のコーポレートサイトのリニューアルに際し、人生初の「自分がクライアントになる」という経験についてまとめた記事になります。 逆の立場ロゴ制作が一段落したら、次にコーポレートサイトの改修も始めなければいけません。ですが、

        #03 デザイナーがクライアントとしてデザインを依頼

      • #02 自分たちで作る自分たちのロゴ

        みなさん、こんにちは。 株式会社LegalOn Technologiesでコーポレートブランディングを担当している前川と申します。 前回は、40歳を過ぎてなんとか転職戦線を乗り越え、晴れてインハウスデザイナーになったけど細かい仕事ばかりで「??」となっていたところまででした。今回はそんな中で起きた大事件から始まります。 自分たちの自分たちによる自分たちのためのデザイン「さっき、経営会議で決まったんですけど、結論から言うと、社名が変わります!」 突然のことでした。 社

        #02 自分たちで作る自分たちのロゴ

      • #01 はじめてのインハウスデザイナー

        みなさん、はじめまして。 株式会社LegalOn Technologiesでコーポレートブランディングを担当している前川と申します。 この記事は、長年受託制作をやってきたおじさんデザイナーが、インハウスデザイナーに転向して感じたことをまとめたものです(こういうところに文章を書くのはmixi日記以来!)。 キャリアに悩んでいるデザイナーの方やデザイナーを目指している方に「デザイナー珍道中」として読んでいただけると嬉しいです。 はじめに僕はこれまで、制作会社でグラフィック

        #01 はじめてのインハウスデザイナー

        変化の中で学び、アップデートし続けられる環境が魅力。お客さまの声を生かした開発で、提供価値を最大化!

        UIデザインや画面レイアウトをはじめ、プロダクトの使いやすさに直結する視覚的な領域の開発に携わるフロントエンドエンジニア。 今回は、ユーザー目線でより良い機能開発に取り組むエンジニア・何(ほ)に話を聞きました。 これまで歩んできたキャリアやLegalOn Technologies(以下、LegalOn)入社の決め手、実際に入社した後に感じたことや、今後の展望などについて語ってもらいました。 プロダクトの提供価値やエンジニア組織の文化に共鳴し、LegalOnへ― まず、何さん

        変化の中で学び、アップデートし続けられる環境が魅力。お客さまの声を生かした開発で、提供価値を最大化!

        【後編】LegalOnのPdMリードって、どんな人? - プロダクト開発への想い・PdM組織編

        LegalOn TechnologiesのPdM(Product  Manager)は、開発の舵をとり、ユーザーの課題解決につながるプロダクトを届けるために、重要な役割を果たしています。 今回は、プロダクトマネジメント組織のトップとしてPdMを統率する谷口にインタビュー! 後編では、プロダクト開発への情熱や、LegalOnのPdMに共通する特徴、求められる資質などについて聞きました! <前編/キャリア・入社エントリーについてはこちら> つくりだしたプロダクトを「わが子」と思

        【後編】LegalOnのPdMリードって、どんな人? - プロダクト開発への想い・PdM組織編

        【前編】LegalOnのPdMリードって、どんな人? - キャリア・入社エントリー編

        LegalOn TechnologiesのPdM(Product  Manager)は、開発の舵をとり、ユーザーの課題解決につながるプロダクトを届けるために、重要な役割を果たしています。 今回は、プロダクトマネジメント組織のトップとしてPdMを統率する谷口にインタビュー! 前編では、谷口のこれまでのキャリアや、LegalOnへの参画を決めた背景などについて聞きました! <後編/開発への想い・PdM組織についてはこちら> 「日本をITで世界一の国にしたい」という思いから、26

        【前編】LegalOnのPdMリードって、どんな人? - キャリア・入社エントリー編

        法務パーソン同士が“つながれる”場を提供したい

        LegalOn Technologiesでは既存のお客さまに対し、満足度向上のための各種施策を実施しています。 その中でも特徴的なのは、お客さま同士がつながれるオンラインコミュニティの存在。 リーガルテック領域では有数の規模を誇り、カスタマーマーケティングと呼ばれる既存顧客向けの類似の取り組みを見渡しても、有数の成功例と言えるでしょう。 今回は、カスタマーマーケティンググループの江畑と岩田に、オンラインコミュニティをはじめ、LegalOnのカスタマーマーケティング施策の全体

        法務パーソン同士が“つながれる”場を提供したい

      • Salesforceで営業支援できるように裏側を構築するまでと現状(Salesforceエンジニア)

        こんにちは、IT&セキュリティ部の片岡(かたおか)と申します。 私の仕事を簡単に言うと、営業の皆さんが使っているSalesforceを、様々な用途で活用できるように魔改造しているみたいな感じです。 初めてSalesforceの画面を開いたとき、「どうやったら欲しいデータを抽出できるんだろう」と思ったことはないでしょうか? はたまた「早くデータ取りたいのに、なんで頻繁にエラーが出るんだろう」となったこともあると思います。 今回はSalesforceエンジニア並びに営業の皆さん向

        Salesforceで営業支援できるように裏側を構築するまでと現状(Salesforceエンジニア)

        今年も『ICPC2023アジア地区横浜大会』に協賛しました!

        こんにちは! LegalOn Technologies採用の松本です。 先月11/25(土)-26(日)にかけて開催されたプログラミングコンテスト『ICPC 2023アジア地区横浜大会』に、スポンサーとして当社エンジニア3名が参加しました! 当日の様子をイベントレポートとしてお届けしますので、ぜひご覧ください。 “ICPC(International Collegiate Programming Contest)”とは?ICPC(国際大学対抗プログラミングコンテスト)とは、

        今年も『ICPC2023アジア地区横浜大会』に協賛しました!